山菜・きのこ・木の実 天然山菜専門の卸問屋直営サイト

白山だだちゃ豆の美味しいゆで方


【ステップ1】・茶色の毛を取る

きれいな緑色の仕上りにする為、茶色の毛を取ります。

味には直接関係ないので面倒な人は省略しても結構ですよ。

私は、この作業を省略してます。(^_^;)
(最近は洗ってから袋詰めするので茶色の毛が無く必要がない場合もあります。)

揉み洗い

1.大きめの入れ物に、豆が浸るくらいの水を入れます。

揉み洗い

2.両手で豆をこすり合わせて、毛を取ります。
毛が取れて、水が濁っているのがわかりますか?

揉み洗い

3.水を流してきれいに洗います。


【ステップ2】・茹でる

鍋は出来るだけ大きいものを準備し、たっぷりのお湯に一握りの塩を入れて茹で上げます。
(某TV番組によると、お湯に対して塩2%に砂糖2%を入れ、さらに干しエビ4尾を入れるとさらに美味しくなるそうです。)

湯で時間は沸騰してから3分ぐらいが目安ですが、硬さにも好みがあるので食べてみて仕上がりを判断します。

茹でる

1.大きめの鍋に、たっぷりのお湯を沸騰させます。
一握りの塩を入れて茹でると色がきれいに仕上がり、甘みも増します。

茹でる

2.豆を入れ、さらに沸騰させます。
様子を見ながら箸でゆっくりと上下混ぜ合わせて、全体が同じくなるように茹で上げます。

茹でる

3.プシュプシュ音がしてきます。
硬さは好みがありますので、食べて確認しながら茹でたほうがいいでしょう。
私は硬めが好きなので、さやの口が開いたらすぐに火を止めます。


【ステップ3】・仕上げ

私は、ゆで立ての熱い「白山だだちゃ豆」が大好きですが、普通は、茹で上がったら一気にザルにあげ、色が悪くなるのを防ぐために冷水に浸けて一気に冷やします。

最後の仕上げに、塩をふります。
すぐに食べるのが美味しいですが、冷蔵庫で冷やすとまた別の美味しさになりますよ。

仕上げ

1.手早くザルにあげます。

仕上げ

2.色が悪くならないように、2回ぐらい冷水に浸けて粗熱を取ります。
(そんなに冷たくする必要はありません。味が水っぽくなるのを嫌って、扇風機やうちわで冷ます人もいます。)

仕上げ

3.最後に、一握りの塩をまぶして、全体になじませます。
塩味をしっかりと付けたほうが 豆の甘みが、一層引き立ちます。


【ステップ4】・完成!!
出来上がり

器に盛ってできあがり。
この美味しそうな極上の香りは格別!

枝豆の中でも「白山だだちゃ豆」は、風味が全く違いますね。
長く噛む程、口の中いっぱいに広がる豊潤な香りと甘味。

この美味しさは絶品で~す!
お子様にもお勧め!
大人の方はビールも忘れずに!!(^_-)-☆


白山だだちゃ豆 トップページ >>


本場白山産 白山だだちゃ豆


冨樫さんの白山だだちゃ豆


木村さんの白山だだちゃ豆

  • スタッフレポート
  • facebook
カート情報
お支払金額合計:
0円(税込)
  • 天然山菜
  • アル・ケッチァーノ
  • レフェルベソンス
  • 天ぷら小野
  • アクアパッツァ
  • ノーマ東京

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報