ユネスコ食文化創造都市 鶴岡 推進サイト

剥き和くるみ
◆和くるみの殻を割って実を取出す方法
(姫くるみも同じ方法で実を取出すことができます。)

殻を割りやすくし、香ばしい風味が好きな方は、1 の工程から進めてください。
和くるみは生でも十分に食べられます。火を通さないで食べる方は1~4の工程を省略し、5へ進んでください。

あられ炒りに胡桃を入れて

1. 先ず最初、くるみをあられ入りに入れてガスコンロに乗せ、焦がさないように振りながら火を通します。(フライパンに蓋をすることで代用できます)

胡桃を炒る

2. 火を通すことで殻が割り易くなります。

くるみの口が開いてきたら

3. しばらくすると、くるみの口が開きますので開いたくるみから皿に取り上げていきます。

皿に取り上げる

4. 口の開かない物があったりしますが、これは、口が堅いだけなので大丈夫。
焦がさないように注意しましょう。

ここまで出来たら、次の5の工程に進みます。

※風味は落ちますが、火を通した後、さらに熱湯で数分茹でてから殻を割ると実離れがよくなり、細かく砕けずに実を取出せるようになります。


山菜屋.comでは、天然和くるみの実を生のまま食べて頂くことを推奨しています。

生のままだと殻から実を取出す時に細かく砕けてしまいますが、取出した実を、すり鉢ですりつぶしたり、フードプロセッサを使ってクルミパウダーにすると体への栄養吸収が良くなるそうです。

生のまま食べる場合は上の1~4の工程を省略し、次の5から進めてください。


和くるみ割り器

5. 天然和くるみは殻が非常に硬く、普通のクルミ割り器では割れませんので、和くるみ専用の和くるみ割り器を用意します。

和くるみ割り器で殻を割る

6. 和くるみの殻の合わせ目に沿って刃を当て、和くるみを割ります。

きれいに割れたくるみ

7. 自然の中で育った和くるみなので、殻の合わせ目に刃を沿わせるのが難しい場合があります。あまり力を入れなくても割れるように、根気よくコツをつかみましょう。

中味を取り出す

8. 割れたくるみから、ほじくるみんを使い、中の実を取り出します。

特に和くるみは、中の実を綺麗に取り出すのが難しいです。多少細かく砕けても気にせずに、お使い頂くことが必要です。(^^ゞ

クルミパウダーを作る

9. すり鉢で、すりつぶしてクルミパウダーを作り、和くるみ和えに用いたり、豆乳や味噌汁に入れたり、ドレッシングの代わりにサラダなどにかけて食べると栄養の吸収も高まり、美味しく頂けます。

●和くるみの保存方法
殻付き和くるみは湿気が大敵です。湿気を避け、20度以下の暗所にて保管してください。
保存状態が良ければ2~3年位は持ちます。油分が少ない物を好む方は1~2年保存してください。

和くるみの実は、殻から取り出してしまうと酸化が進み風味が損なわれるので、全部一度に殻から取り出すのではなく、使う分だけ、その都度取り出したほうが良いでしょう。


天然和くるみ 商品ページ>>



和くるみ割り器
和くるみ割り器 同時購入割引!



天然和くるみ 天然姫くるみ 大特価セール開催中!
  • 受賞メディア掲載履歴

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報