創業51年 天然山菜専門の卸問屋直営サイト

【栃の実のあく抜き方法】


<山から収穫した栃の実が商品になるまで>


  1. 収穫した栃の実(とちの実)を2、3日水に浸します。

  2. カラカラになるまで一ヶ月程天日に干します。こうすると何年も保存が可能になるんです。

  3. 鍋に熱湯を沸かし、2.が完了した中から使用する必要な量だけを入れ蓋をして一晩置きます。

  4. 翌日、ふやけて皮がはぎやすくなったところで、一番上の固い表皮をむきます。

  5. 次に、アクを取るために鍋に表皮をむいた栃の実を入れ、煮立ったお湯をかけて浸したまま自然に冷まします。これを、水がきれいになるまで何度も繰り返します。

  6. 水がきれいになったら火にかけて煮ます。すると、栃の実が一旦、固くなるんです。

  7. 煮立ったところに今度は灰を入れます。すると薄皮が柔らかくなり、はがれ易くなるんです。

  8. 火を止め、手が入れられるくらいに冷めたら更に灰を足し、ドロドロの粘土状にします。

  9. そのままの状態で2、3日置きます。

  10. 灰をきれいに洗い落とし、薄皮をはがして、できあがり!
    ここで、きれいにはがさないと、使用したときに料理が黒くなってしまうんですよ。

    以上は、商品の加工過程を簡略化して説明したものです。
    これ以上の詳細は、すべて企業秘密!?となっております。

    代々受け継がれている秘伝の方法やコツがないと出来上がりませんので、
    ご自分で試されることは、お勧めしておりません。
    当店ではサポートできませんので、ご了承ください。

    ※注意
    あく抜き済みでも、そのままでは食べられません。
    木灰の作用により強アルカリ性となっておりますので、
    そのまま口に入れると舌にビリビリと痛みが走り口の中がただれます。
    栃餅のように、必ず、他の材料に混ぜ合わせ攪拌し薄める調理が必要です。

グレーテルのかまど
NHK「グレーテルのかまど」で使用しました
あく抜き栃の実
今季終了!
おいしい栃餅ができると評判!
詳しくはこちら
カート情報
お支払金額合計:
0円(税込)
  • 天然山菜

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。
  • アル・ケッチァーノ
  • レフェルベソンス
  • 天ぷら小野
  • アクアパッツァ
  • ESqUISSE
  • 齋館
  • ノーマ東京
  • 受賞メディア掲載履歴

ショップ情報