【くるみ和え】

茹でた山うどをくるみ味噌で和えました。山椒を入れたらグレードアップするかも。山うどの香りと味がダイレクトに感じられる1品。山うど好きにはたまりません

【うるいのツナ缶和え】

【うるいのツナ缶和え】

《材料》・うるい・ツナ缶・醤油

《作り方》

1)うるいを茹でる

2)ザルに取り水気を絞る。

3)食べ易い大きさに切りボールへ入れる。

4)ツナ缶を汁ごと入れて和える。

5)味見をしながら醤油で好みの味に整える。

Point

︎茹でたうるいの水分をしっかりと切ること。

︎ツナ缶の他にも、細かく刻んだキムチと和えたり、明太子マヨネーズで和えたり、色々なバリエーションでも美味しく頂けますので、お試しください。

『グランメゾン東京』料理監修のINUAへ

とうとう来ちゃいました!\(^o^)/
また一つ夢が叶い感謝×感謝です。

スタッフのみなさんもフレンドリーで温かく、
至福の時を過ごさせていただきました
ノーマ東京からのご縁に感謝!????

このメンバーで行けて本当に良かったです!
料理が一つ運ばれて来るごとにみんなで質問攻め。笑(^◇^;)
それでも優しく丁寧に対応して頂き、
本当にありがとうございました。m(_ _)m

今回はハーフコースでジュースのペアリングでしたが、
今度はフルコースでアルコールのペアリングで頂きたいです。
春の山菜の頃にもう一度来てみたいなぁ〜\(^o^)/

食事のあとは、キッチンツアーへ。
メインキッチン・仕込みキッチン・研究キッチン・スタッフルームと、
舞台裏を隅々まで見せて頂き、
そこでも質問攻めの私たち!????笑
本当に感激しました
素材一つ一つに対する飽くなき探究心に刺激を頂きました。
ありがとうございました\(^o^)/

【グレーテルのかまど】絵本”モチモチの木”より『栃餅』

ようやく、情報が解禁されました
【グレーテルのかまど】
テーマは、絵本”モチモチの木”より『栃餅』
放送日は11月18日(月)NHK Eテレ 午後10:00〜
https://www4.nhk.or.jp/kamado/

9月にNHKへ行ったのはこの番組の収録でした。
【グレーテルのかまど】にて、
「とち餅」の料理監修をさせて頂きました。
ありがとうございます

大好きな番組のお手伝いができて、
夢のような2日間でした(*^^*)

前日に試昨して本番へ挑みましたが、
なんだかんだといろいろありつつも、
番組を作り上げていく、
スタッフみなさんのプロフェッショナルなところを、
目の当たりにすることができて、
とても良い経験をさせて頂きました。\(^o^)/

瀬戸康史くん、キムラ緑子さん、
お二方はとても気さくで素敵な方でしたし、
番組制作チームのみなさんもとても温かく、
お陰様で緊張することなく取り組むことができ、
何とか無事に終えることができてホッとしたところです。

番組初の「餅つき機」登場となります。笑
ぜひ瀬戸康史くんの頑張りを見ていただければ嬉しいです。

もちろん、私は出ませんが、(^◇^;)
収録の裏話等、書けないことやアップできない写真など、
興味ある方にはお会いしたときにでもお話しいたします
\(^o^)/

座・高円寺 座の市 10月19日(土)

山菜、きのこがたっぷり入った汁物。
今日は内陸バージョンの芋煮をベースに、
もだし、むきたけ、ぶなかのかわ、わらび、月山筍などをたっぷりと入れた、山菜屋.com特製スペシャルな汁物です
『山賊汁』と命名しました。

お陰様で、早い段階で雨もあがり、
本日は「山賊汁」「玉こんにゃく」とも、
早々に売り切れとなりました。
顔を出してくださったみなさんありがとうございました\(^o^)/

2019年5月21日(火) タカコナカムラさんと山菜講習会

昨年に続いて、ホールフード協会主宰のタカコナカムラさんと、
山菜講習会を開催しました。
提供した山菜は、わらび、山うど、赤みず、うるい、月山筍、たらの芽、こしあぶら。
料理は、こしあぶらの混ぜご飯、月山筍とうるいの味噌汁、
山うどのくるみ和え、天ぷら、赤みずの浅漬け、わらびたたき。

天然の月山筍が山形から届いております!

【先日お邪魔させて頂いた南青山のアクアパッツァ様からの報告!】

素晴らしく美しい、天然の月山筍が山形から届いております!

高地に自生し、深い笹薮をかき分けて熊も大好物!の月山筍を採るのは大変な作業。
数人の名人による、わずかな流通量の大変貴重なものです。

なかでも、根元の皮がアントシアニンでピンク色になっているものは格別に味が良いと言われ、アクが少なく、噛みしめるほどに旨味が増し、一度食べると忘れられなくなる食感と風味です。

こちらはコースのパスタ【剣先イカと月山筍の自家製カヴァテッリ 夏香の香り】でご提供させて頂きます。
どんなパスタかはまた後ほど投稿したいと思います。
どうぞお楽しみに(^^)

 

「アクアパッツァ」へ

6月11日お昼はこちら「アクアパッツァ」へ。
広尾から南青山に移転した新生アクアパッツァに、
こんなにも早く訪れることができるとは思っていませんでした。
「奥田シェフと一緒に新生アクアパッツァをお祝いする会」
Yayoikoさん、good timingなイベントに、お誘い頂き感謝致します!

新生「アクアパッツァ」こんなに早く来れるとは! 感謝、感謝です。

大通りから一本小道を入ったところは石畳みの道が続く、素敵な小路でした。 お店の窓から大通りを臨む。

「キッチンからの一皿」 これから頂く今日のメニューのプロローグ。

柔らかなミル貝、スナップエンドウ、きぬさやのサラダ仕立て 自家製リコッタチーズ バジリコ風味のオイルを添えて

愛知県産・鮎のコンフィ きゅうりのソース からし菜のフリット シェリービネガーの泡

青森産・ムール貝の旨味とズッキーニを絡めた 自家製パスタ「タヤリン」

剣先イカ、月山筍、カラスミを絡めた自家製「カヴァテッリ」 長崎・平戸産の柑橘「夏香」の香り

千葉県産・真鯛のアクアパッツァ

なめらかなリコッタチーズのムース 枇杷のコンポート レモンジェラート添え

最後にみんなで集合写真を撮影しました。

今回の上京で1番のミラクル!
「アクアパッツァ」で思いがけず、
山本 謙治さんとばったり遭遇!

 

「bricolage bread&co」オープン

6月10日お昼は「bricolage bread&co」のオープンをお祝いする「内祝いの会」参加のために、けやき坂へ。
ここは、大阪のカリスマ的ブーランジェリー「ル・シュクレクール」と、ミシュラン二つ星に輝く表参道のフレンチレストラン「レフェルヴェソンス」と、ノルウェー・オスロのコーヒーブランド「FUGLEN」の3店舗によるコラボレーションで実現したお店です。
入り口から入って右側には、
視覚、嗅覚を刺激する美味しいパンがずらりと並び、
反対側にはレストランスペースがあります。
パンを購入して食べるもよし、
メニューを選んでお食事してもよし。
とてもカジュアルで、ゆっくりのんびりと過ごしたくなる。
そんな空間が広がっていました。