さくらんぼの話が続きます。

武田果樹園は紅秀峰を作っていないので、残すところあと1週間の収穫で終了かな〜。写真は来年の花芽です。小さくとんがっているところが育ちます。木はもう、しっかりと来年の準備をしているのですね。茂った葉っぱを避けながら、花芽を傷つけないように、気を使いながらの収穫作業は大変ですね。来年も美味しいさくらんぼが、たくさん実りますように!

武田果樹園のさくらんぼ

武田果樹園のさくらんぼの木は、選定作業や葉取り作業をしないので、木がとってもワイルドです。枝は風通しと日当たりの良いところにどんどんと伸びていくし、葉っぱも実に栄養分を届けようと、太陽光をいっぱい浴びてのびのびとしています。茂った葉の間から見える赤いさくらんぼを、ひとつひとつ収穫する作業は結構大変なのです。

さくらんぼ農家さんへ

先週から、さくらんぼ農家さんへ助っ人に通っています。どこのどんな農家さんも同じことと思いますが、さくらんぼ農家さんの人手不足も本当に深刻です。せっかく美味しく実っても、収穫する人、箱詰めする人がいなければ、どうすることもできません。片道1時間30分の自動車通勤になりますが、今年も美味しいさくらんぼをお届けするべく頑張ります手詰めのさくらんぼは、売り切れとなっておりますが、バラ詰め商品は、まだまだ注文を受け付けておりますので、よろしくお願いいたします。

山菜屋 .com【さくらんぼ】ページ

https://www.sansaiya.com/sakuranbo/

【くるみ和え】

茹でた山うどをくるみ味噌で和えました。山椒を入れたらグレードアップするかも。山うどの香りと味がダイレクトに感じられる1品。山うど好きにはたまりません

【うるいのツナ缶和え】

【うるいのツナ缶和え】

《材料》・うるい・ツナ缶・醤油

《作り方》

1)うるいを茹でる

2)ザルに取り水気を絞る。

3)食べ易い大きさに切りボールへ入れる。

4)ツナ缶を汁ごと入れて和える。

5)味見をしながら醤油で好みの味に整える。

Point

︎茹でたうるいの水分をしっかりと切ること。

︎ツナ缶の他にも、細かく刻んだキムチと和えたり、明太子マヨネーズで和えたり、色々なバリエーションでも美味しく頂けますので、お試しください。

『グランメゾン東京』料理監修のINUAへ

とうとう来ちゃいました!\(^o^)/
また一つ夢が叶い感謝×感謝です。

スタッフのみなさんもフレンドリーで温かく、
至福の時を過ごさせていただきました
ノーマ東京からのご縁に感謝!????

このメンバーで行けて本当に良かったです!
料理が一つ運ばれて来るごとにみんなで質問攻め。笑(^◇^;)
それでも優しく丁寧に対応して頂き、
本当にありがとうございました。m(_ _)m

今回はハーフコースでジュースのペアリングでしたが、
今度はフルコースでアルコールのペアリングで頂きたいです。
春の山菜の頃にもう一度来てみたいなぁ〜\(^o^)/

食事のあとは、キッチンツアーへ。
メインキッチン・仕込みキッチン・研究キッチン・スタッフルームと、
舞台裏を隅々まで見せて頂き、
そこでも質問攻めの私たち!????笑
本当に感激しました
素材一つ一つに対する飽くなき探究心に刺激を頂きました。
ありがとうございました\(^o^)/