美味しくて体に良い健康食文化を山形から産直通販

  • 月山

こごみ


こごみ

勝手に「こごみ」と言う名を付け流通?

ここ山形県庄内地方では、「こごみ」のことを「かくま」と呼び、あまり人気がありませんでした。庄内地方では、以前から「赤こごみ」が人気があり「こごめ」の名で親しまれ食べられてきたのですが、採取するのが大変で収穫量が少ないのが難点でした。そこで、大量に収穫できる「かくま」に目を付け「こごみ」と言う名で流通させたのが当店の先代です。

それを見た秋田の業者が「こごみ」を大量に出荷するようになり、他の地域からも出荷されるようになりました。さらに、安定供給を目指し早くから栽培に取り組んだことも手伝い全国に広まったようです。

庄内地方でも「こごみ」の人気が高まり、こちらを「こごめ」と呼び食べるようになってきたようです。以前は「赤こごみ」を「こごめ」と呼んでいたこともあり紛らわしい為、「青こごめ」「赤こごめ」と区別して言うことが多いです。全国的には「こごみ」「赤こごみ」という呼び名が一般的です。


春の天然山菜は予約販売です

こごみ

山形県の内陸地方や福島県などでは、古くから「こごみ」と呼ぶ地域もあったそうです。
丸くかがみ込むように生え、こごんでいる様から「こごみ」なんだそうです。

ところで、なぜ、こごみは丸まって生えてくるのでしょう???

それは、防寒対策のためです!
春先の山は、よく雪や霜に見舞われます。傷みやすい葉を丸め込んだまま生え成長する為、土の中から出てきた直後から、ある程度の大きさになるまで、雪や霜から身を守ることができるのです。

厳しい気象条件に適応し現代においても存在する「生きた化石」なんですね。


天然だから、完全無農薬・無肥料です
当店の山菜は防腐剤等を一切使用しておりません

こごみ料理

【こごみ料理】

こごみはアクが無い山菜なので茹でてすぐ食べられます。
匂いや味は、あまりなく料理しやすい山菜です。
こごみは、全般的に和え物料理に向きますが、
特に極細の「一夜こごみ」は和え物がお薦め。
ゴマ和えや、くるみ和えが美味しいです。

 ⇒ こごみのゴマ和え料理へ

太く大きめの物は、天ぷらなどがお勧めです。


名称 こごみ(クサソテツ)
産地 山形県・新潟県(天然)
(山形県鶴岡市と、その周辺)
お届け時期 4月上旬~5月上旬(天候により変動)
配送方法 クール便(冷蔵)
備考 配達日の指定は、できません。
他の商品とは別送りとなります。

天候等により収穫量が減った場合
お届けできなくなることがあります。



お勧め! 山菜屋.com制作協力 レシピ集
山菜とキノコでつくるレシピ集

春の天然山菜は、収穫の都合により各商品ごとの発送になります。


▼商品画像や商品名をクリックすると、商品詳細を見ることができます。
表示件数: 10件 20件 30件

1件~ 6 件(全6件)

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報