天然山菜専門の卸問屋が運営するネットショップです

  • 月山

行者にんにく


行者にんにく

行者にんにくは、出羽三山で修行する行者たちのパワーフードだった?

「行者にんにく」は、山形県庄内地方の出羽三山の麓にある羽黒町の宿坊などで昔から呼ばれていた呼び名で、出羽三山の奥深くにこもり厳しい修行を行った行者たちが活力源としてこっそりと食べ、ニンニクのような香りがすることから、「行者にんにく」の名前が付けられたとされる山形県鶴岡市発祥の山菜です。

しかし、羽黒山の山伏、星野尚文先達によると、、、
「山伏は、修行中に精が付くような物を食べてはいけない」と、いうことになっているそうで、なぜ?「行者たちが食べた」という説が地元に伝わっているのか不思議ですね。


春の天然山菜は予約販売です

出羽三山の雪解け水が育んだ 行者にんにく

牧野富太郎氏が名付親?
昭和に入ってから牧野富太郎氏により「ギョウジャニンニク」の名で植物図鑑に取り上げられるようになりましたが、昔から鶴岡市羽黒町では「行者にんにく」と呼んでおり、牧野氏が羽黒町を訪れた際にそれを知り、植物図鑑に記載したと思われていることから、一部で囁かれている牧野富太郎氏が名付親という説は間違いのようです。

全国的に知られるようになったのは?
当店と地元青果市場の協力で流通させたのが始まりと言われ、地元青果市場の担当者が北海道からヒトビロ(行者にんにく同種)の種を取り寄せ、鶴岡市羽黒町の農家さんたちに依頼して大量に栽培し、当店がそれを仕入れ流通させて頂いたことが発端となっております。

その時、流通名として使用した「行者にんにく」の名が、全国に広まったようです。
当店と北海道とは、行者にんにくの流通当初から深い関係があったことになりますね。


天然だから、完全無農薬・無肥料です
当店の山菜は防腐剤等を一切使用しておりません

行者にんにく炒め料理

行者にんにくの料理方法は、炒め物、卵とじ、お浸しやラーメンの具として使うなどがありますが、その中でも、炒め物が大変好評のようです。特に、肉との相性抜群ですよ。

また、臭いを嫌う方は、生のまま冷凍してから、卵や肉と一緒に料理すると良いそうです。

◆行者にんにく料理方法へ



収穫状況により、丈や太さなど、その都度違いますので、ご了承ください。

地域別・梱包サイズ別のクール便送料が適用されます

名称 行者にんにく(ギョウジャニンニク)
産地 山形県・新潟県(天然・自然栽培)
(山形県鶴岡市と、その周辺)
北海道(天然)
お届け時期 3月下旬~5月中旬(天候により変動)
配送方法 クール便(冷蔵)
備考 配達日の指定は、できません。
他の商品とは別送りとなります。

状況により準天然の自然栽培品
のお届けとなることが御座います。

天候等により収穫量が減った場合
お届けできなくなることがあります。



お勧め! 山菜屋.com制作協力 レシピ集
山菜とキノコでつくるレシピ集

春の天然山菜は、収穫の都合により各商品ごとの発送になります。


▼商品画像や商品名をクリックすると、商品詳細を見ることができます。
表示件数: 10件 20件 30件

1件~ 6 件(全6件)

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報