天然山菜専門の卸問屋が運営するネットショップです

  • 月山

【わらび料理】


わらび

『わらびのあく抜き』

わらびがすっぽりと入るぐらいの鍋を用意し、たっぷりと浸るくらいの水を沸騰させます。

1.わらびがすっぽりと入るぐらいの鍋を用意し、たっぷりと浸るくらいの水を沸騰させます。

沸騰したら、わらびを入れて、すぐに重曹を大さじ3杯ぐらい振りかけ10秒ぐらいで火を止めます。

2.沸騰したら、わらびを入れて、すぐに重曹を大さじ3杯ぐらい振りかけ10秒ぐらいで火を止めます。

全体に重曹水が馴染むように上下をかえしてください。

3.全体に重曹水が馴染むように上下をかえしてください。
※柔らかめの仕上がりにしたいときは、火を止めるタイミングを20秒ぐらいにするとよいです。

火からおろし、そのまま自然にさまし、一晩置いておきます。

4.火からおろし、そのまま自然にさまし、一晩置いておきます。
(わらびが水面から出ないようにしてください)

一晩置いた後のわらびを食べる分だけ水からあげて調理してください。

5.一晩置いた後のわらびを食べる分だけ水からあげて調理してください。
(2日以内位に食べきるようにしてください。それ以上になると風味が抜けてしまいます。)


【わらびの御浸し】

あく抜き済みのわらびの上に、生姜をおろして乗せ、醤油をかけて食べる。
わらびとしての素材の味が楽しめる、昔から最も多く食べられている方法です。
「早出の高級天然わらび」が、やや硬めのサクサクとした食感で人気です。


わらびの御浸し




わらびたたき(味噌仕立て)

準備するもの

 

調理方法

1.普通に「あくぬき」した熟成天然わらびを料理する分だけとりわけ、更に30秒ほど茹でると丁度良く柔らかく指でつぶれるくらいになります。

2.山椒の葉をすり鉢に入れて丁寧にすりつぶします。

3.(1)のわらびをまな板の上ですりこぎ等でたたきます。(袋に入れて行うと簡単に、しかもきれいにできます)

4.(2)のすり鉢に(3)のわらびを入れて、更にすり潰します。

5.味噌と砂糖を入れて、味付けをします。
※山椒・味噌・砂糖の量は好みで調節してください。

わらびたたき
わらびたたき

食べ方

暖かいごはんの上に乗せて食べるとおいしいですよ。




その他にも

  • マヨネーズをかけて

  • 酢の物

  • 醤油漬け

  • キムチ漬け

山菜スペシャリスト 初子が教えるワンポイント★ワンポイント

  • 「あく抜き」したわらびを市販の「キムチ漬けの素」に漬け込むと30分ぐらいでおいしく仕上がります。

  • 重曹を入れてから火を止めるまでの時間が長いと、わらびがドロドロになってしまいますので、ご注意ください。

  • わらびたたきには熟成天然わらびがお勧めです。


天然わらび 商品ページ>>    山菜レシピ トップページ>>

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報