天然山菜専門の卸問屋が運営するネットショップです

  • 月山

【あけびの芽料理】


あけびの芽

《 お浸し 》

準備するもの

  • あけびの芽

  • しょうゆ

 


調理方法

あけびの芽を水洗いします。

1.あけびの芽を水洗いします。

大きめの鍋にお湯を沸騰させ、あけびの芽をさっと茹でます。

2.大きめの鍋にお湯を沸騰させ、あけびの芽をさっと茹でます。

苦味が気になる方は、一晩水につけてから食べてください。

3.苦味が気になる方は、一晩水につけてから食べてください。

あけびの芽をざるにあげ、水気を固く絞ります。(食べる分だけ水からあげて、残りはそのまま水につけておきます)

4.あけびの芽をざるにあげ、水気を固く絞ります。
(食べる分だけ水からあげて、残りはそのまま水につけておきます)

全部に味をつけてしまわずに、小皿に取り分けて、しょうゆをかけます。

5.全部に味をつけてしまわずに、小皿に取り分けて、醤油をかけて食べるといいですよ。
(好みによっては、わさび醤油でもおいしいです)


出来上がり!湯でふすべた葉わさびの辛味を足すと絶妙な美味しさに!


あけびの芽のお浸し

その他にも

  • 料亭などでは、茹でて器に盛ったあけびの芽にチキンラーメンのように真ん中にくぼみを付け、そこにウズラの卵を乗せた料理「木の芽の巣ごもり」が人気だそうです!

山菜スペシャリスト 初子が教えるワンポイント★ワンポイント

  • 少しさくさくした感じを残したほうがおいしいので茹ですぎには注意しましょう。

  • 「葉わさび」という山菜がタイミングよく手に入ったら、それで辛味をつけると美味しいです。

  • 苦味は、茹でた後の水にさらす時間で調整します。普通は3時間~半日位ですが、好みに合わせて調整してください。


天然あけびの芽 商品ページ>>    山菜レシピ トップページ>>

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報