天然山菜専門の卸問屋が運営するネットショップです

  • 月山

【 栗 】


薬による殺虫処理をしていない「無燻蒸の栗」
自然の山に自生する「天然山栗」
希少な「利平栗」も産直販売。


<糖度25度~28度の甘~い栗です!>
名だたるブランド栗を抑え高い評価!

栗

●ユネスコ食文化創造都市・鶴岡

山菜屋.comがユネスコ登録推進委員として務めさせて頂いた「食文化創造都市・鶴岡」。
食文化創造都市部門では、日本で初めて2014年12月にユネスコに認定されました!

その食文化創造都市・鶴岡の山間の一画に、とても甘くて美味しい栗が存在します。

この辺りは、冬の積雪が多く栗の甘さを作り出すために必要な夏季の日照も多い地域、
ミネラル分が豊富で酸性雨を中和し浄化する能力に優れた土壌を持つと言われています。

 

甘さ抜群!当店独自の熟成方法で高評価!

 

●昔ながらの懐かしい栗本来の味

山の人達は、木から落ちた「栗」を一粒一粒、虫に食べられていないか丹念に見て拾います。

収穫された時に綺麗な栗でも、放っておくと虫が次々に食い荒らしてしまいます。
それを食い止めるために決まって行われているのが、「燻蒸」(くんじょう)という、薬をいぶして害虫を有毒ガスで殺す処理です。

通常、スーパーや八百屋さんなどでは「燻蒸」等の殺虫処理を行った栗が販売されています。

しかし、山の人達から、
「燻蒸をした栗は、どうしても味が落ちる。せっかくの甘くて美味しい栗が残念だ。」
「それに人体にとって安全なものなのか?」
という話が聞こえてきました。

現在は流通も発達し、クール便で発送から1日~2日でお客様の手元に届きます。
それなら、当店では、お客様にご理解をいただいて収穫後の「燻蒸」を一切行なわない
「無燻蒸の栗」を販売しようということになりました。

また、栗の風味を損なってしまう「温湯処理」も行っていない為、
「体にもやさしく、安心して食べることができ、昔ながらの懐かしい栗本来の味」が楽しめます。

 

秋は、山菜屋.comの「栗」を使った料理が好評です!

 

●猿や熊にも人気な大好物の栗

栗の収穫は、旬の時期となる9月下旬頃から始まります。
食べ頃の時期になると、山での「栗」収穫は、猿や熊との争奪戦になります。(^_^;)
猿や熊たちが、その美味しさを覚え収穫の時期になるとやって来るのです。

猿は集団で食い荒らし、熊は1匹で何十キロもの栗を食べてしまうので大変です。
まあ、山の動物たちが健康でいられることは良いことですけどね。(^^)

 

「栗本来の甘さと風味がある!」
有名シェフ達から高い食味評価を頂いております。

山菜屋.comの『栗』を使ったイタリア料理
ノドグロとマグロのタルタル
サンマと、もって菊の酢締め 栗のからし和え
栗とはえぬきのリゾット
天然きのこのトマトスパゲッティ
小鯛のソテー 天然舞茸とタコのイボ
ヤナギガレイの栗の蒸しもの 栗の葉っぱとハーブバターのソース
羊と栗のオーブン焼き
モンブラン

この栗は、じっくりと大きくなったのが分かる。
火を入れて果肉が柔らかくなったときのきめの細かさが違うんです。
煮崩れたところの舌触りがとてもよくって、餡のようになるんです。
また、渋みが少ないのも特徴の一つですね。

イタリア料理店 アル・ケッチァーノ 奥田政行シェフ

奥田政行シェフ
奥田政行シェフ


名称 栗・山栗・利平栗
産地 山形県鶴岡市
お届け時期 10月下旬~(なくなりしだい終了)
配送方法 クール便(冷蔵)
保存方法 0℃前後で保存(保存は自己責任)
備考  


※業務用冷蔵庫で当店独自の方法で30日以上保管した【熟成済みの栗】を発送しております。

到着後は調理するまでの間、冷蔵庫等に入れ早めに調理して下さるようお願い致します。
収穫された栗は、一通り虫食いの選別を行なった上で発送しておりますが、
農薬を極力使わずに栽培している為、虫食いが含まれる可能性が高くなっております。
何卒、ご理解の上、ご注文下さるようお願い致します。


特に、渋皮煮を作られる方におかれまして、渋皮煮にできない栗は、甘露煮やマロンペースト等への転用で対応をして頂きたいと存じます。


▼商品画像や商品名をクリックすると、商品詳細を見ることができます。
表示件数: 10件 20件 30件

1件~ 4 件(全4件)

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報