ユネスコ食文化創造都市鶴岡から健康食文化を産直通販

  • 月山

天然銀杏


天然銀杏

なぜ?銀杏は臭~いのか?

銀杏は、動物たちから実を食べられないようにするため、臭い匂いを発するのだとか。
しかし、恐竜たちは銀杏が大好物で、たくさん食べていたそうです。匂いが気にならないんですかね。

その臭~い銀杏の実から種を取出し、洗って乾燥させた物が、売っている「天然銀杏」です。
なぜ、人間が臭い物にそんな面倒なことをしてまで食べてきたのか不思議ですね。

それは、、、

天然銀杏が、人間にとって健康を保つ為に必要な食材だったから!

山の人たちは、風邪のひきはじめなどに、咳止めとしてよく銀杏を炒って食べます。
また、喘息にかかっている人が、お医者様から勧められたと言ってお買い上げくださいます。

日本では、銀杏は薬ではなく食べ物ですが、咽喉を正常に保つ効能効果は高いようです。



天然だから、完全無農薬・無肥料です!

天然銀杏

銀杏(ぎんなん)は、イチョウの実?!

秋も深まり、山々が色付く頃、葉っぱが黄色い樹木がイチョウです。

その木の実を「銀杏」(ぎんなん)といって、木には、雄(オス)と雌(メス)があり、
雄の木には実が成らないと言われています。

秋に入ると、まだ葉が青いうちに、まるでサクランボのようなオレンジ色の実が成ります。
やがて気温が下がり葉が黄色く染まっていき、初冬の落葉と共に実も落下するのです。

街路樹に植えられているところも少なくありませんが、
実には独特の強烈なにおいがあるので、雄の木を用いているところが多いようです。
「イチョウの木なのに、何故か実が付かない。」という経験のある方もいると思いますが、
それは、きっと雄の木だからでしょう。

雄の木と雌の木の違いは、
「葉に切り込みが入っているのが雄の木で、入っていないのが雌の木だ」という説や、
「雄の木の枝は立ち、雌の木の枝は横に広がる」という説がありますが、
確かなところは分かっていないのが現状のようですので、花や果実で識別するのが
良いでしょう。

街路樹だけではなく、神社の境内とか結構身近にある木なので、
機会がありましたら、よ~く観察してみてください。

 

天然銀杏は、甘いので炒ってそのまま食べるのが王道です!

天然銀杏は栽培銀杏と比べ、長さ1.5cm、幅1cmほどの粒が小さい銀杏ですが、苦味がなく自然な甘さがあり風味抜群です!

炒った銀杏は、酒のおつまみの定番!晩酌のおともによく合いますね!

山の人たちの知恵を借りて、風邪やインフルエンザの予防にも、お役立てください!



防腐剤を使用しておりません!



名称 銀杏(ギンナン)
産地 山形県鶴岡市(天然)
お届け時期 11月~(なくなりしだい終了)
配送方法 常温便
備考 天然物の為、長さ1.5cm、幅1cm位の小さいギンナンです


▼商品画像や商品名をクリックし、商品詳細からご注文ください。
表示件数: 10件 20件 30件

1件~ 1 件(全1件)
FAXご注文用紙へ
カート情報
カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
  • 山菜スペシャリスト 遠藤初子の山菜料理
  • 山菜とキノコでつくるレシピ集

閲覧した商品

  • 最近チェックした商品はありません。

ショップ情報